特定商取引法に基づく表記をするために注意すべきこと

どのような内容を伝えるのか

最近ではインターネットを使って売買取引が行われ、消費者トラブルが起きるリスクがあります。
特定商取引法に基づく表記はこのようなトラブルを防ぐために相手に伝える内容を細かく定め、初心者にも利用しやすくすることが大事です。

表記する内容は販売元の屋号や所在地、連絡先だけでなく、商品の取り扱い方や代金の支払いに関するルールをきちんと紹介する必要があります。
このため、テンプレートを使って記入漏れがないようにすると相手にきちんと伝わり、信用を失わないように取引を行うことが大事です。

消費者トラブルは紹介した内容と実際の情報が大きく異なり、期待を裏切られるなどがあります。起きる原因は商品を売るために誇大広告をしてその場しのぎのことをするためで、実際にはチャンスロスになるため逆効果です。

中途半端な内容にすると意味がない

所在地や連絡先はきちんと取引ができるようにする必要があり、中途半端にならないように記入しないといけません。連絡先は携帯電話番号だと解約しやすくて信用されにくく、固定電話番号を準備する必要があります。

また、メールアドレスやLINEなどがあればリアルタイムでコミュニケーションができ、相手はすぐに要望を伝えやすくなるため効果的です。
商品の取り扱い方は代金の支払いや期限をきちんと設定し、トラブルが起きないようにしないといけません。

また、不良品を受け取ってしまうと返品や交換ができなければ詐欺になり、相手の信用を失うことだけでなく売上を見込めなくなります。このため、誠意を持って対応するよう心がけ、チャンスロスを防ぐよう事前に約束をすることが大事です。

表記をすることだけではだめ

ネットショップの運営やせどりや転売ビジネスを副業としてするときは特定商取引法に基づく表記が必要ですが、内容をきちんと把握して信頼関係を強化する必要があります。

電子商取引はお互いに信用される状況でないといけないため、特商法のルールを守って運営することが重要です。特定商取引法に基づく表記は利用者が安心できるかどうか確かめる項目になり、どのような内容を記入すべきか確かめないといけません。

消費者トラブルは受け取った商品が紹介されている内容と違うと起きやすく、信用を裏切らないように誇大広告をせずにセールスライティングをすることが望ましいです。

特商法は安心して商取引ができるように定められているため、きちんと内容を理解してリピーターや新規の利用者を増やせるように取引をするきっかけになります。

タイトルとURLをコピーしました